違う施設に転職して腰痛を改善しよう

つらい腰痛に悩む介護士へ

腰痛に悩まない職場へ転職

腰痛を改善するためには施設側の協力も必要です。しかし、人手不足ということもあり療養もままならないような環境で働いている介護士も多く、その状態で働き続けても改善するどころか症状が悪化してしまうだけなので、その場合は違う施設に転職することをおすすめします。介護業界に特化した転職エージェントを活用すれば腰痛リスクの少ない職場に転職することが可能です。また、退職の意思を伝えると引き止められることが多いため毅然とした態度で伝えるようにすることがポイントです。

  • 職場の選び方

    腰痛を改善するためにさまざまな手段を講じても、自分でできる範囲はたかが知れています。施設側にも協力してもらわなければなりませんが、残念なことに「療養したくても人手不足で休めない」「痛みが少しだから休めない」など満足に休むこともできない施設もあり、そういった施設では療養どころか症状を悪化させてしまいかねないので、違う職場に転職して環境自体を変えてしまうのもひとつの方法です。ここでは要介護者の介護度が低く腰に負担がかからない施設をいくつか紹介していきます。

    職場の選び方
    詳細を見る
  • エージェントへ希望を伝えよう

    腰痛リスクの低い職場に転職するのであれば介護業界に特化した転職エージェントを活用しましょう。転職先はさまざまな方法で探すことができますが、介護業界に精通し転職のノウハウを持ったプロのコンサルタントがいる転職エージェントなら手厚いサポートを無料で受けながら自分の希望とマッチする転職先を見つけだすことができます。ここでは転職エージェントを活用するメリットとともにおすすめの転職エージェントとして【きらケア】【スマイルSUPPORT介護】【介護プラス】を紹介します。

    エージェントへ希望を伝えよう
    詳細を見る
  • 引き止めにあったときの対処法

    介護業界は人手不足なので退職の意思を伝えると上司から引き止められてしまうことがよくあります。その際に「給料を上げるから」や「休日を増やす」など魅力的な提案をされることも多いので心が揺れてしまうかもしれませんが、仮に転職せず残ったとしても100%その申し出通りになる保証はありませんし、好条件の転職先を逃してしまう可能性もあるので注意が必要です。ここでは引き止めでよくあるパターンとその対応策を紹介していきます。

    引き止めにあったときの対処法
    詳細を見る
腰痛に悩まない職場へ転職
人気記事
腰痛リスクを減らすために

今や職業病ともいわれるほど多くの介護士が悩んでいる腰痛。事前に腰痛の予防策を講じておくことで引き起こすリスクを減らすことはできますが、職場環境が悪くなかなか改善に至らないようなら思い切って転職することをおすすめします。転職のコツも一緒に紹介していくので参考にしてみてくださいね。
なお、当サイトに関するお問い合わせは【こちらから】どうぞ。